高級和風住宅・現代数寄屋造り・リフォームに宮大工の伝統の技を活かす吉田建設

在来工法

在来工法は日本の気候風土に合った、木材の特徴を活かしたあたたかみのある家を建てることができます。
吉田建設は木を知り尽くした職人の技で、一軒一軒を大切にご提供しています。 

 

工法の種類

・在来工法(木造軸組工法)
礎石やコンクリートなどの土台(布基礎)の上に、柱や梁などの軸を組み立てていく工法です。
設計の自由度が高く、間取りを大きくしたり家族構成の変化に合わせて増改築のしやすい点が特徴です。

 

・2×4工法(ツーバイフォー・枠組壁工法)
木材の枠に構造用合板を釘で打ち付けて組み立てます。壁全体で部屋を支えますので、耐震性にすぐれます。吹き抜け大きな開口部のあるデザインには向きません。

 

・プレハブ工法(プレファブ)
製造工場で製材しておいたパーツを組み合わせて建てる工法です。大手ハウスメーカーの建物に多く見られます。
質の均一性と工期が短くてすむ特徴があります。大量生産により、価格も抑えることができます。

 

・丸太組み工法(ログハウス)
丸太(ログ)を水平に積み上げて壁面を建てます。壁と壁の接合部はノッチという独特の加工をして組み合わせます。この工法は日本でも正倉院(三角形の角材)で使われています。
自重で組み合わせが変化するので、数年おきのメンテナンスを必要とします。

 

・鉄筋コンクリート造
鉄筋とコンクリートで柱と壁を一体化させて建てます。部材の特徴で耐震性が強いのが特徴です。壁式鉄筋コンクリート構造では室内の空間が広くとれます。