高級和風住宅・現代数寄屋造り・リフォームに宮大工の伝統の技を活かす吉田建設

昔ながらの伝統

在来工法は日本の気候・風土に合わせて生まれた、伝統的な工法です。
飛鳥時代からの建造物に見られるように、メンテナンスをすれば千年長持ちするケースもあります。檜は伐採後200年で強度が最も増すというデータもあります。

 

二枚目地金輪継

城や社寺に使われている継手の技法で、ふつうの継手とくらべて何倍もの強度があります。

   

 

一軒扇タルキ

長い軒を美しく見せるための技法で、長い年月による屋根の下がり調節もできます。