高級和風住宅・現代数寄屋造り・リフォームに宮大工の伝統の技を活かす吉田建設

あたたかみのある家

内閣府が平成15年に行った「森林と生活に関する世論調査」では実に60%の人が「木造在来工法による住宅」を希望しました。

参考:岡山県「木の魅力情報館」
http://www.pref.okayama.jp/norin/rinsei/jouhoukan/sumai/sumai.html

 

在来工法では自然木材を用いるため、ホルムアルデヒドなどのシックハウスの原因を押さえた住まいができます。 

森林浴効果や、殺菌効果、木目による見た目の美しさなどのヒーリング効果も日本人の好きなところでしょう。 

自然素材を用いることでリサイクルをすることができ、地球環境のしてからも在来工法は有用です。 

 

 

木材は夏は涼しく、冬は暖かいためエネルギー消費を抑えることができます。 

 

在来工法ではデザインは和風・洋風を問いません。明治時代の建物では在来で洋風のものが見られます。在来工法と近年のエコシステムの組み合わせもできます。