高級和風住宅・現代数寄屋造り・リフォームに宮大工の伝統の技を活かす吉田建設

大工道具

のこぎり

木を切る道具です。両手に歯が付いたものがよく知られていますが、片歯のものもあります。片歯のものは特に大きい木材や硬い材質のものを切るために使われます。
のこぎりの歯はアサリといって少し両側に飛び出ていて切りくずを外に出す工夫がされています。
のこぎり

歯が欠けると目立て(刃研ぎ)をします。目立て専門の職人さんもいます。



かんな

鉋(かんな)は木材の表面をきれいにする道具です。
1寸4分~2寸までの鉋がよく使われます。荒仕こ・中仕こ・仕上げと、荒削りから平らに仕上げるものまでいろいろな種類があります。
歯の部分は鉋身といいます。両側は耳といって、削り面に筋が入らないように丸く仕上げてあります。

かんな



のみ

のみは穴を空けるのに使います。
手で押して細工をするものと、柄を金槌で叩いて使うものがあります。のみも大きさや歯の形によってたくさんの種類かあります。
学校では工作の時間に彫刻刀を使うでしょう。木材をのみで手彫りして仏像を作ったり、伝統工芸では彫刻を施したりする細工専門の職人もいます。

 

のみ

 



墨つぼ

墨坪(すみつぼ)は木材にしるしや書込みをつけるのに使います。
池とよばれる広い部分には墨汁をしみこませわたが入っていて、竹でできた「墨さし」というペンのようなもので書き物をします。これを「墨つけ」といいます。
墨つぼ

糸車の糸は墨がつくようにわたをくぐるようになっていて、反対側の「カルコ」という画鋲に結ばれています。糸を引き出して伸ばし、ぴんと張って指ではじくと長い線でもまっすぐに線を引くことができます。

 



かなづち

金槌(かなづち)はくぎや物を叩くのに使います。
大工は玄翁(げんのう)ともよびます。金槌は釘を打つ専用です。
叩く面が両側と片方のものがあり、両側のもののいっぽうは平らで、もういっぽうは少し中央がでっぱっていて、くぎを最後にたたく時に木を傷つけないように工夫してあります。
片方のものはたたくほうの反対側がくぎ抜きになっています。

大きなハンマーもあります。石を割ったりするのに使います。
すべて木でできたもっと大きなカケヤ(木槌)も大工は使います。これは大きな木材を組み合わせるときに使います。
釘締め(釘〆)は凹んだところにくぎを打ち込むときに使います。ポンチともいいます。

 



ちょうな

ちょうなは木材を荒削りするときなどに使います。

斧や「まさかり」と違って刃が直角についています。

丸太の状態から切り出すなど加工の初期段階で、おおきく振り下ろして木を削るダイナミックな使われ方をします。

ちょうな

ちょうな 

最近は電動チェーンソーなどの登場であまり使われませんが、江戸時代前の大工仕事の絵などではよく描かれています。