高級和風住宅・現代数寄屋造り・リフォームに宮大工の伝統の技を活かす吉田建設

墨つぼ

墨坪(すみつぼ)は木材にしるしや書込みをつけるのに使います。
池とよばれる広い部分には墨汁をしみこませわたが入っていて、竹でできた「墨さし」というペンのようなもので書き物をします。これを「墨つけ」といいます。
墨つぼ

糸車の糸は墨がつくようにわたをくぐるようになっていて、反対側の「カルコ」という画鋲に結ばれています。糸を引き出して伸ばし、ぴんと張って指ではじくと長い線でもまっすぐに線を引くことができます。