高級和風住宅・現代数寄屋造り・リフォームに宮大工の伝統の技を活かす吉田建設

かなづち

金槌(かなづち)はくぎや物を叩くのに使います。
大工は玄翁(げんのう)ともよびます。金槌は釘を打つ専用です。
叩く面が両側と片方のものがあり、両側のもののいっぽうは平らで、もういっぽうは少し中央がでっぱっていて、くぎを最後にたたく時に木を傷つけないように工夫してあります。
片方のものはたたくほうの反対側がくぎ抜きになっています。

大きなハンマーもあります。石を割ったりするのに使います。
すべて木でできたもっと大きなカケヤ(木槌)も大工は使います。これは大きな木材を組み合わせるときに使います。
釘締め(釘〆)は凹んだところにくぎを打ち込むときに使います。ポンチともいいます。